現代漢方と体質改善指導・自分の身体は自分で守り、作り変える
Monday. June 1. 2020

不妊相談・便秘改善・癌・自律神経失調症・潰瘍性大腸炎・痔
アトピー性皮膚炎・ひざ腰の痛み・高血圧・糖尿病・肝臓・鼻炎(ちくのう)

キュートのブログ

キュートの毎日
見てね!

(投票受付中!)
-------------------------

お客様の声
(症例含む)

-------------------------

健康新聞・心の栄養剤・・・

心の栄養剤は
こちらからどうぞ

--------------------------

--------------------------

こんな雑誌に掲載
しています

--------------------------


アルバムトップ : キュートの毎日 :  「弱点を知り〜補う大切さ!!」 倉光 浩城

[<     7  8  9  10  11  12  13     >]

「弱点を知り〜補う大切さ!!」 倉光 浩城
「弱点を知り〜補う大切さ!!」 倉光 浩城
投稿者キュートスタッフキュートスタッフ さんの画像をもっと!   前回更新2020-5-14 12:52    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数23  コメント数0    10.000010.00 (投票数 2)投票する投票する
●姿見えざるコロナウイルスの恐怖の中、
幸運にも私自身の知り合いの感染者はいませんが、
志村けんさんはじめ、良く知ってる有名人等の悲報が相次ぎました。


そして、少しずつコロナウイルスの事も分かってきました。

まず、80%の感染者は症状が出ない、もしくは出たとしても軽症であるという事。

重症に陥る人の特徴としては、第一に高齢である事と、
持病〜慣性病疾患があるという事です。

また、重症化する持病として多いのは、
糖尿病〜心臓病〜高血圧〜呼吸器疾患〜そしてガンなど、
治療中において抵抗力(免疫)が低下している人という事です。


つまり、持病〜慣性疾患が無く、
コロナウイルス感染したとしても多くは軽症もしくは、
無症状で乗り切れると言えます。


きっとコロナウイルスと私たちは、
大きな意味でこれからも共存していかなければならないと思います。


その事を踏まえて一番大切なウイルス対策としては、
常日頃から自分の弱点を補い、
慣性病改善に心掛けて、自分で守り闘える状態を保つことになります。


勿論今はまずこのコロナウイルスに感染しない様に、
万全の注意をはらって乗り切る事が大切ですが、
アフターコロナと言われる時期がきたら、
しっかり自分の体質〜体調に向き合って、
体質改善〜弱点補強を考えましょう!!

[<     7  8  9  10  11  12  13     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。